私の志

最も身近な市政から、情熱と行動力で、日本を変える!!

選挙活動
私は27才のときに、組織、知名度、お金の何もないゼロの状態から、駅頭に立ち、皆様のお力添えを頂き、市議会議員に当選をさせて頂きました。

私が皆様にお約束したことは、次世代への責任を果たす政治です。

現在、国の税収が40兆円強で、支出が100兆円に迫る勢いで、借金が1000兆円あります。

これを普通の家計で例えれば、年収400万円の人が1000万円を年間に使って、1億円の借金があるのと同じです。

借金の全てが悪いわけではありませんが、道路や学校等の社会資本以外のものを借金をして使うということは、子どもや孫の代に、ツケをまわしているのと同じです。

現在、日本の財政状況は危機的な状況です。高度成長期のモデルを前提とした社会システムに疲労がきております。

少子高齢化で人口が減って行くなかで、低い経済成長に加えて、年間1兆円以上増え続ける社会保障費。収入が増える見込みはないが、支出ばかりが増えてしまうという厳しい状況です。

この現実を受け止めて、今こそ、日本の将来の方向性を決めるべきだと考えます。

私は、最も身近な西東京市政から、日本の未来を考え、子どもや孫にツケを残さない政治を実践して行きたいと考えます。